からだにやさしい はじめての布ナプキン入門

これさえ知っていれば安心! 布ナプキンの使い方と選び方

  • 布ナプキンってなに?
  • はじめての布ナプキンお試しセット比較ランキング
  • 布ナプキンが通販で買える販売店リスト

準備するものはなに

ここでは、洗剤やバケツ、ポーチといった布ナプキンまわりの用意すべき物を紹介。布ナプキンの種類についても解説します。

もちろんまずは布ナプキンが必要

まずは、布ナプキンそのものの種類についてくわしく紹介します。

形・仕様の違い

一体型
ホルダー自体に吸収体が内蔵されたタイプです。ホルダーと吸収体を別で用意する必要がなく、手軽です。初心者にも使いやすいタイプと言えるでしょう。
パッド型
楕円形タイプで、吸収体として使用する布地です。ホルダーの上にパッドを乗せて、セットで使うのが一般的です。「ライナー」と呼ばれることもあります。パッドの枚数を調整することで、経血の少ない日~多い日まで幅広く活用できます。
プレーン型
ハンカチと同じような形をした四角いタイプ。本体が吸収体の役割をしてくれるので、折り返した状態でそのままショーツに乗せます。折り返し面を変えれば、ヨゴれるたびに取り換えをしなくても何回かは使えます。
ただし、プレーン型はモレやすい上に、トイレに落ちやすいなどのデメリットも多く、初心者には向いていません。

サイズの違い

オリモノ用
生理の日以外でも使える、小さなサイズの布ナプキンです。(約15センチ~)
ふつうの日用
吸収体部分が薄く、使いやすい長さのスタンダードタイプです。(約20センチ~)
多い日/夜用
お尻の部分まで包み込んでくれるロングサイズ。吸収体部分も厚く層になっているので、吸収力・防水力が高く安心です。(約25~40センチ)

素材の違い

オーガニックコットン
布ナプキンは、オーガニック100%のタイプが一番人気があります。上質なコットンを使用したものはヨゴレ落ちや丈夫さにおいても優れており、おすすめです。
ネル(フランネル)
綿を毛羽立たせたタイプの布素材。起毛してあるのでふわっとした心地よい肌触りです。通気性が良いので、かぶれなどが気になる人にもおすすめです。
オーガニックリネン
麻素材の布ナプキンを指します。耐久性と速乾性に優れているのが特徴です。

以上のように、布ナプキンにはさまざまなタイプがあるので、まずはお試しセットで自分に合ったもの、使いやすいものを探ってみるとよいでしょう!

ほかに何を準備すればいいの?

浸け置き用洗剤
使用済みの布ナプキンは、洗濯機に入れる前に浸け置き洗いをします。その際に使う洗剤として、経血(たんぱく汚れ)を浮き上がらせることができる炭酸ソーダや炭酸ナトリウムを使ったアルカリ洗剤を用意する必要があります。この他にも、肌や生地にやさしい無添加の液体洗剤なども出回っています。
浸け置き洗いの容器
上で説明した浸け置き洗いをするための、容器が必要になります。衛生面を考えると、できれば専用の容器を用意するのがおすすめです。容器は普通のバケツや洗面器のようなもので十分。コンパクトサイズが便利です。100円均一ショップなどに行けば色々と選べますし、布ナプキンを扱っているショップでも購入できるはずです。
使用済み布ナプキンを入れる袋
外出時に布ナプキンを取り替えた場合、使用済みの布ナプキンを入れる袋が必要です。ビニールやナイロン製で、密封できるタイプの袋だと水分やニオイがもれるのを防げます。

最初はトライアルセットがおすすめ

布ナプキンを使うのに最低限必要なものは、上で挙げた3点ですが、一度にそろえようとすると意外に費用がかさみます。また、試してから布ナプキンが合わないと思ったら、揃えた分がムダになってしまいます。

そこでおすすめなのが、トライアルセットやおすすめセットとして売られている、必要なものがほとんど(バケツ以外)まとまっているセットです。

各ショップの入門編的な位置付けで、洗剤などもフルサイズではなくお試しサイズで入っている事が多いので、気軽な価格ではじめられることがほとんどです。初めての人はぜひトライアルを試してみましょう!

このサイトでは、管理人が自分で使う布ナプキンを選ぶために調べた情報を公開しています。製品の仕様や価格、最新情報などについては、各ショップの公式ページをご確認ください。実験結果などの評価は個人的に調べた結果ですので、あらかじめご了承ください。

  • 吸収力で選んだおすすめの布ナプキン
  • モレにくさで選んだおすすめの布ナプキン
  • 肌への優しさで選んだおすすめの布ナプキン
  • お得度で選んだおすすめの布ナプキン
  • 柄の豊富さで選んだおすすめの布ナプキン