からだにやさしい はじめての布ナプキン入門

これさえ知っていれば安心! 布ナプキンの使い方と選び方

  • 布ナプキンってなに?
  • はじめての布ナプキンお試しセット比較ランキング
  • 布ナプキンが通販で買える販売店リスト

布ナプキンのメリット

ここでは、布ナプキンのメリットについてくわしく紹介しています。

こんなにある布ナプキンのメリット

布ナプキンには、使い捨ての紙ナプキンと比べてたくさんのメリットがあります!主なメリットを一覧で挙げてみました。

  • 布でできているため、つけ心地が良く、肌にやさしい
  • かぶれやかゆみが軽くなる
  • 洗ってくり返し使えるから経済的(一見高いように思えますが、耐用年数が5年ほど(目安)あることを考えると、結果的に非常に経済的なのです!)
  • 生理のたびに買わなければいけないという手間が省ける
  • ゴミが出ない(特に夏場などは、使用済みの紙ナプキンのニオイはとても気になります…)
  • 可愛いデザインがたくさんあり、選ぶ楽しさもある!

特に紙ナプキンと違うのは、なんといっても肌触りの良さです。

紙ナプキンは経血を吸収した表面がじっとりと冷たく、肌に張り付くような違和感がありますが、布ナプキンにはその冷たさがなく、経血がしみこんでも肌触りが自然です。

紙ナプキンを使っていると、生理が終わりに近づくにつれて、だんだんお肌が痛がゆくなったりすることがありますが、布ナプキンの時にはかぶれが起こりませんでした。

かぶれが起こりにくくなるヒミツは、布ナプキンの通気性の良さにあります。紙ナプキンはモレ防止のためにビニールが使われているため、湿気がこもりやすくかぶれやすいです。一方で布ナプキンは防水布を使用しています。防水布は特別なものを採用しており、水は逃がさないのに湿気は逃がしてくれます。そのため、防水でも通気性が良く、蒸れずにかぶれや嫌なニオイを防いでくれるのです。

他にも、肌に触れる面にはコットン素材が使われていることが多く、肌触りが下着と変わりません。違和感や不快感がないので、生理中も快適に過ごすことができます。

布ナプキンに使用される生地の特徴

布ナプキンの生地は織物生地とニット生地の2種類がほとんどです。

それぞれの特徴を知っておくと、さらに快適に使えますよ!

織物生地

織物生地とは縦糸と横糸を織って作られた生地のことです。目が詰まっているので型崩れしにくく、やや硬めの肌触りです。

織物生地には様々な種類があります。中でも「ネル」という生地は布ナプキンに使われることが多いです。羽毛立ちのある生地なので、ふんわりとして暖かいです。しかし、量が少ない時は少しチクチクしたり、夏場はムレているように感じたりすることもあります。

同じ織物生地でも「ワッフル」や「ガーゼ」は起毛がないので肌触りが良く、こすれる感じもありません。

織物生地は糸の種類や間隔、織り方などで生地の特徴が大きく変わります。

人それぞれ好みはあると思うので、生地の特徴を把握して色々と試してみるといいでしょう。

ニット生地

ニット生地は1本の糸を編んで作られています。目は粗いですが、その分伸縮性に優れているため体にしっかりとフィットしてくれます。肌触りはやわらかく、通気性にも優れています。

ただ、生地の薄さは防水布や吸収体でカバーする必要があります。それに、ニット生地は伸縮性のある生地なので、洗濯を繰り返すと伸びてしまったり歪んだりする可能性もあります。

布ナプキンの生地は一概にこれがいいと言えないので、結局自分の好みで選ぶ他ありません。

せっかくこんなに多くの種類があるのですから、色々な布ナプキンを使い分けるのもアリかもしれませんね。

布ナプキンで生理痛が改善するって本当?

布ナプキンにしてから生理痛が軽減されたという声を多く聞きます。

はっきりとした科学的な根拠があるわけではありませんが、管理人の私も、実際に布ナプキンを使い始めてから生理痛がラクになるのを実感して驚きました。

その理由としてよく言われるのが、“子宮と体を冷やしにくい”ということ。生理痛は子宮や体が冷えることで発症している場合が多いのですが、紙ナプキンは経血を吸収するために「ポリマー」と呼ばれる化学的な吸収材を使用しており、これが経血を吸収することで冷えて、子宮も冷やしてしまうのです。

布ナプキンにはポリマーが使われていないため、冷えることもなく、結果的に生理痛が起こりづらいと言われています。

その他、布ナプキンで改善されるとウワサの生理中のトラブルとしては、こんなものがあります。

冷え性
上記の理由から子宮などの冷えを守るだけでなく、布ナプキンは、いわゆる重ね着と同じような効果を発揮します。お腹や子宮を包み込むように温めてくれ、冷えが改善することにより基礎代謝も上がりやすくなります。そのため冷え性に悩む女性にもおすすめなのです。布ナプキンを「冷え取りシート」と呼ぶ人もいるそうです。
生理不順
上記2つと同じ理由なのか、生理不順が解消されたという声も多く聞かれます。また口コミなどを見ていると、「生理期間が短くなった」「経血の量が減ってラクになった」という声もよく見られますね。
かぶれ
紙ナプキンは石油系素材でできているため、通気性が悪いです。そのため肌がムレたり、かぶれたりしやすいのです。その点、布ナプキンは名前どおり布で出来ているので、ムレることもなく、その分肌かぶれもしにくいのです。特にオーガニックコットン製のものがおすすめ!生理中特有の不快感がないのは本当にうれしいですね。敏感肌の女性にもおすすめです。

このように多くのメリットがある布ナプキンですが、初めての人は、とりあえずシーンに合わせて紙ナプキンと使い分けてみるのも良いと思います。

まずは家にいる時だけ使ってみるなど、自分のライフスタイルに合わせて取り入れてみると、だんだん感じが掴めてきますよ。

布ナプキンの効果はどれくらいで実感できる?

布ナプキンの効果はすぐに実感できるものとそうでないものがあります。

自分が求めている効果はどのくらいで実感できるのか把握しておくと、初めての人でも「効果がない」と戸惑うことはないでしょう。

すぐに実感できる効果

布ナプキンを付けた人が最初に実感する効果で多いのが、ムレの解消です。今まで紙ナプキンを使っていた人は、布ナプキンをつけた時にあまりに違うので驚いてしまうかもしれません。布ナプキンは通気性に優れているため、湿気を逃がしてくれます。ムレが解消されることでかぶれにくくなりますし、あの不快感もなくなります。

数ヶ月~それ以上で実感できる効果

布ナプキンがもたらす効果には、冷え性の改善や生理痛の軽減なども挙げられます。こうした効果が実感できるようになるのは、最低でも3ヶ月経ってからです。生理自体が通常1ヶ月に1回の頻度なので、すぐに効果を実感するのは難しいと言えます。

肌に関係するトラブルは比較的早く効果が実感できます。しかし、冷え症や生理痛など体調に関係するものは、効果が実感できるまでやや時間がかかります。とは言っても、効果の出方には個人差があるので、あくまでご参考程度にしておいてください、

布ナプキンの効果を得るために気を付けたいこと

最初に予洗いをしておく

新しい布ナプキンを使う際はそのまま使うのではなく、一度予洗いをするようにしましょう。オーガニックコットンは油分を含んでいるので、予洗いをしないと吸収率が悪くなってしまいます。使用前に予洗いをしておけば、油分が落ちて吸収率がアップします。

使い始めは経血の量が少なめの日を選ぶ

布ナプキンは繰り返し使うことで吸収力が良くなっていきます。言い換えれば、使い始めは吸収力が弱いということです。そのため、最初のうちは生理の始まりや終わりかけに使うのがいいでしょう。

布ナプキンの効果を十分に得るためには、吸収力を高めてあげることが大切です。

使い始めは、予洗いや使うタイミングを選んで使用するようにしましょう。

このサイトでは、管理人が自分で使う布ナプキンを選ぶために調べた情報を公開しています。製品の仕様や価格、最新情報などについては、各ショップの公式ページをご確認ください。実験結果などの評価は個人的に調べた結果ですので、あらかじめご了承ください。

  • 吸収力で選んだおすすめの布ナプキン
  • モレにくさで選んだおすすめの布ナプキン
  • 肌への優しさで選んだおすすめの布ナプキン
  • お得度で選んだおすすめの布ナプキン
  • 柄の豊富さで選んだおすすめの布ナプキン