からだにやさしい はじめての布ナプキン入門

これさえ知っていれば安心! 布ナプキンの使い方と選び方

  • 布ナプキンってなに?
  • はじめての布ナプキンお試しセット比較ランキング
  • 布ナプキンが通販で買える販売店リスト

【布ナプキンのデメリット】使いにくいって本当?

メリットが多い布ナプキンですが、デメリットも少なからず存在します。

使用を検討している人は、デメリットもしっかり理解しておくようにしましょう。

布ナプキンのデメリットと対策は?

使い捨てナプキンの簡単さに比べればどうしても面倒という人も多いでしょう。

実際、私も使い始めの頃は「やっぱりちょっと面倒だなぁ」と思うことがありました(実は、今でもたまに思うときも…)。

布ナプキンを使った人が感じる代表的なデメリットというと、こんなところでしょうか。

  • 使うたびに洗うのが面倒
  • 使用済みのナプキンを持ち歩くのがイヤ
  • 紙ナプキンに比べると漏れやすい

確かに紙ナプキンに比べると手間がかかる布ナプキンですが、以下のような対策で快適な布ナプ生活を送ることができます。

「毎日洗わなきゃ」と思わなくてOK!
紙ナプキンのように使い捨てではないので、使用済みのナプキンは洗う必要があります。量の多い日や、外出などで洗うまでに時間がかかってしまった時などは、ヨゴレが落ちにくいこともあるかもしれません。
でも、洗う手順は本当に簡単。また慣れれば面倒に感じることもないでしょう。
聞くところによると、枚数を多く用意して、使った分は生理が終わるまで浸け置きして、まとめて一気に洗う人もいるそうです!
私はまだ、そんなに溜めたことはありませんが「後でまとめて洗う手もある」と考えると気楽になりますね。
外出時は紙ナプキンと併用もあり
布ナプキンをして長時間外へ出掛けたときは、途中で新しい布ナプキンに替える必要がありますね。そうなると、使用済みの布ナプキンは家に帰るまで持っていないといけません。それに抵抗を感じる人もいるようです。
私も「もし使用済みナプキンの入ったバッグの中身を見られたらどうしよう」と、たまに思います。
持ち運びに関しては、実はヨゴレの部分を内側に折りたたんで密封タイプのビニール袋などに入れれば、ニオイなどの心配もまったくありません。布ナプキンをセットで購入すると、使用済みナプキンを入れる専用袋が付いていることも多いです。
それでもちょっと抵抗があるという人は、外出時は紙ナプキン・家にいる時は布ナプキンを使うなど、シーンに合わせて使い分けるのも良いでしょう。
布か紙、どちらかにキッチリ決めなくてはいけないという訳ではないので、負担のかからない自分なりの使い分けスタイルを見つけたいですね。
漏れにくい布ナプ製品も増えている
布ナプキンは、紙ナプキンに比べると漏れやすさが気になる人もいるようです。紙ナプキンは本体が薄く、局部にフィットするように作られているので漏れにくいと言えます。対して布ナプキンは比較的厚く作られているので、局部との間にどうしても隙間ができやすく、体勢などによっては漏れやすい場合もあるのです。
ただ、漏れにくいような加工がされた素材を使った布ナプキンも多く、思っていたより安心だったという声も多くあります。また、慣れればコツも掴めてきて、そこまで漏れが気になることもなくなります。
もちろん、量の多い日や長い外出のある日は慣れた紙ナプキンを使い、軽い日や家にいる日は布ナプキンを使うという方法もアリです。

「不便」というデメリットを感じても使い続ける愛用者が多い!

確かに、大手メーカーが大量生産している紙ナプキンに比べると、ちょっと面倒な点もあるのが布ナプキンです。

でもその一方で、「生理痛や生理不順が改善する」「ムレやニオイ、かぶれが気にならない」「ゴミが出ないし経済的」など、布ナプキンには嬉しいメリットがたくさんあります。

まずは自分のライフスタイルや性格に合うかどうか、気軽に始められる「お試しセット」などで試してみてはいかがでしょうか?

もうひとつの大きなデメリットは「初期費用が高い」こと

10~20個入りで400円前後の紙ナプキンに対して、布ナプキンは1枚1,000円前後します。初期費用が高いのも布ナプキンのデメリットです。

初期費用の相場

布ナプキンにするとなったら、軽い日~多い日用の昼用と夜用、使用済みナプキンポーチ、洗剤などが必要になってきます。一通り揃えようとすると、約1万円前後はかかるでしょう。高いものだと2万前後するものもあります。

【nunonaセレクト】

nunonaセレクト|17cm〜36cm 10枚入り 便利グッズ付き

引用元:【人気NO.1】nunonaセレクト|17cm〜36cm 10枚入り 便利グッズ付き|nunona
http://nunona.jp/products/list/206/

商品名:nunonaセレクト|17cm〜36cm 10枚入り 便利グッズ付き
価格:9,980円(税込) 送料無料
軽い日~多い日用まで全サイズが揃っていて、洗剤と防臭袋付きのお得なセットです。

【昼用・夜用布ナプキンまとめ割セット】

昼・夜用布ナプキンまとめ割セット|25cm〜36cm 8枚入り

引用元:昼・夜用布ナプキンまとめ割セット|25cm〜36cm 8枚入り|nunona
http://nunona.jp/products/list/218/

商品名:昼・夜用布ナプキンまとめ割セット|25cm〜36cm 8枚入り
価格:9,980円(税込) 送料無料
昼用と夜用がセットで、サイズもバランスよく揃っています。経血量やライフスタイルに合わせたサイズが欲しい人にピッタリです。

紙ナプキンとのコスト比較

布ナプキン単体で見ると1枚1,000円~2,000円前後なので紙ナプキンより高いように思えますが、実は長い目で見ると布ナプキンのほうが経済的です。20歳~50歳まで、毎月5日間、1日5枚ずつ使ったとして、どのくらいコストに違いがあるのか見てみましょう。

【布ナプキン】

布ナプキンの平均耐用年数=5年
1回の生理で8枚を洗濯しながら使うとして、30年だと6回買い替えることになるので
1,200円×8枚×6回買い替え=57,600円

【紙ナプキン】

30年×12か月×5日×5枚=9,000枚
1枚30円とすると、30円×9,000枚=27万円

布ナプキンと紙ナプキンではこんなにも差があるんですね。初期費用が高いのは確かに布ナプキンのデメリットですが、長い目で見ると実は紙ナプキンよりも低コストなんです。この先何十年も付き合っていくものですから、できるだけコストが抑えられるほうを選んでもいいのではないでしょうか?

コストを抑えるためのコツ

布ナプキンのコストを抑えたいのであれば、トライアルやお試しセットを利用するのがおすすめです。セットで割引になっていたり、初回利用で割引になっていたりすることがあるので、お得に購入できます。

通販の場合は送料無料といった特典が付いていることもあります。

買い替えはまとめ買い割引のあるショップやセール期間を利用することでコストを抑えることができるでしょう。

そして、一番大切なのは正しいケアで長持ちさせることです。

雑に扱っていればそれだけ消耗も激しく、買い替えるスパンも短くなってしまいます。

買い替えのスパンを長く維持することもコストを抑えるコツですよ。

改めて布ナプキンと紙ナプキンを比較してみよう

布ナプキン

【メリット】

  • ムレやニオイが少ない
  • 体を冷やさない
  • 長期的に見ると経済的
  • 生理痛が軽くなる

【デメリット】

  • 気軽に購入できない
  • 洗濯が面倒
  • 初期費用が高い
  • 量が多い日は注意しないとモレの心配がある

紙ナプキン

【メリット】

  • 簡単に購入、交換ができる
  • 初期費用が安い
  • モレの心配がほぼない

【デメリット】

  • ムレやすくニオイがこもる
  • 体を冷やす
  • 長期的に見るとコストがかかる

紙ナプキンはお肌や体調に影響を及ぼします。

大切なカラダのことを考えたら布ナプキンの多少の不便さは気にならないはず。

ただし、外出時や長時間トイレに行けない時は紙ナプキンのほうが、メリットが大きい場面もあります。

メインは布ナプキンを使用して、状況に応じて紙ナプキンを使うなど柔軟に対応すれば、ストレスを感じることなく生理期間を過ごせるでしょう。

このサイトでは、管理人が自分で使う布ナプキンを選ぶために調べた情報を公開しています。製品の仕様や価格、最新情報などについては、各ショップの公式ページをご確認ください。実験結果などの評価は個人的に調べた結果ですので、あらかじめご了承ください。

  • 吸収力で選んだおすすめの布ナプキン
  • モレにくさで選んだおすすめの布ナプキン
  • 肌への優しさで選んだおすすめの布ナプキン
  • お得度で選んだおすすめの布ナプキン
  • 柄の豊富さで選んだおすすめの布ナプキン