からだにやさしい はじめての布ナプキン入門

これさえ知っていれば安心! 布ナプキンの使い方と選び方

  • 布ナプキンってなに?
  • はじめての布ナプキンお試しセット比較ランキング
  • 布ナプキンが通販で買える販売店リスト

失敗しない選び方

初めての布ナプキンの選び方についてくわしく紹介しているページです。

布ナプキンの選び方を解説

初めて布ナプキンを使う人は、どんなタイプを選べばよいのか迷ってしまいますよね。以下に、形や素材など、ポイントごとに選び方のコツをまとめてみました!

形で選ぶ時のポイント!

布ナプキンの形は大きく分けると、羽付き紙ナプキンに似た形の一体型と、パッド(吸収体)をホルダーにセットして使うパッド型、ハンカチ型のプレーンタイプの3種類があります(製品によっては当てはまらないものもあるのでご参考までに)。

初心者におすすめなのはズレ・モレの少ない一体型
紙ナプキンと同じような感覚で使用できる一体型は、初めて布ナプキンを使う人に最適です。1 枚で「経血の吸収」と「ショーツへの固定」の両方の役目を備えているので、モレやズレが起こりにくく、新しいナプキンに取り替える時も、すべて替えられるので衛生的です。
一体型の特徴としては、「比較的ズレにくい」「単体で使えるものが多くラクチン」「シルエットが響きにくい」「防水布を内蔵したものが多くモレの心配も少ない」。マイナス面としては、「薄型吸収体や防水布により肌かぶれが起こる可能性がある」「何層か重なった作りなので洗濯の後の乾燥に多少時間がかかる」「比較的高価格」といった点が挙げられます。
以上の点をふまえると、一体型はパンツスタイルなどのシルエットが気になるスタイルの時や、経血モレが心配な時、ズレが心配な時などにおすすめです。いろいろな長さがあるので、その時のシーンや経血量によって選ぶとよいでしょう。
パッド型
パッド(吸収体:ライナーとも呼びます)とホルダーが別々になったタイプは、経血量やシーンに合わせて吸収体の枚数を調整できるのが便利です。またそれぞれを別々で洗うので洗濯後の乾きが早いのもメリットです。さらには、交換するのは吸収体だけなので外出時の持ち運び も手軽です。
ただ、ホルダーが汚れてしまうと、パッドだけ取り替えても気分が悪いという人も多いでしょう。外出先でホルダーまで取り替えるくらいなら、一体型を使ったほうがラクかもしれません。
ホルダーにも吸収力を持たせたタイプは、量の少ない日には単独で使えます。
安価なプレーン型は量の少ない日や自宅用に
ハンカチのような四角い形で、三つ折りにして使うプレーンタイプ。重ね使いに適したコンパクトサイズから多い日や夜用に最適な大きいサイズまで幅広いものがあります。
一体型やパッド方に比べると、どうしてもズレ・モレが起こりやすい上に、トイレに落としやすいというデメリットもあるので、初心者にはおすすめできません。
メリットとしては、「お手頃」「サイズや枚数、たたみ方によって幅や厚み等を調整できる」「干す時に広げられるため乾きが早い」「干したときに布ナプキンと気付かれずらい」「防水布が使用されていないタイプが多く通気性が良い」といった点があります。
デメリットとしては、「固定できないためズレやすい」「比較的厚みが出るため洋服に響きやすい」「防水布が使用されていないタイプはモレへの心配がある」といったところでしょうか。やはり、初心者よりは、布ナプキンに慣れた上級者向けでしょう。
量の多い人はパット型+ハンカチ型を試してみて
布ナプキンを初めて使う際、ショーツの裏まで染みないのか、ズレてモレないか心配ですよね。経血の量が多い人は尚更です。量が多い人はパット型とハンカチ型の組み合わせがおすすめです。
パット型はズレにくいですし、ハンカチ型は折りたたむことで厚さを出せるのでモレる心配もありません。パット型にハンカチ型を乗せて使用すれば多い日も安心です!

素材で選ぶ!

布ナプキンの素材は色々あるので、それぞれの特徴を知って自分の好きな素材を選べるようにしましょう!

オーガニックコットン
とくに人気の素材で、厳密には3年以上化学肥料などを使わないで栽培された農地で農薬など使わずに生産され、認証機関に認められた綿花のこと。柔らかいフカフカの風合いが魅力です。
無漂白・無蛍光コットン
無漂白というのはダイオキシンの元となる塩素等の薬品で漂白していないもので、綿本来の風合いや色合い、肌当たりを感じられる加工です。/無蛍光というのは、蛍光増白剤を含んでいないものを指します。蛍光剤はアレルギーを引き起こす場合もあり、赤ちゃんの肌に触れる製品なども無蛍光のものが好まれます。
ネル
起毛されているため肌当たりが良く、吸水性にも優れています。布ナプキンに適した生地と言えるでしょう。「フランネル」とも呼ばれます。
ガーゼ
柔らかく吸湿・吸水性があります。さらりとした肌当たりです。
ワッフル
表面がマス型の凹凸になっていて、立体感があるので肌当たりが良く、通気性や吸水性も高い生地です。
リネン
亜麻(麻)から採れる繊維で、吸水性が高く乾燥も早い素材です。強度が高く丈夫で、清涼感もあります。
ハーフリネン
リネンとコットンが混ざった生地。各特徴を併せ持っており、柔らかくて吸水性もあります。
シルク
たんぱく質でできており、人の肌に一番近い天然繊維。吸湿性や通気性にすぐれているので、特にかぶれやすい人におすすめの生地です。

複数の素材を組み合わせて使うのもおすすめ

布ナプキンに使われている素材は数多くあります。どの素材も布ナプキンに最適なのですが、それぞれの素材には欠点もあります。最もよく使われているネルは吸収力が高く丈夫です。しかし、目が詰まっているためごゴワつきやすいという欠点があります。それに対して、ガーゼやニット生地は肌触りや通気性が良いです。ただし、経血も通過しやすいのでショーツに染みてしまうことがあります。

こうした欠点は素材をうまく組み合わせることで解消することができます。肌触りの良いガーゼを上にして、ネルのような吸収性に優れた素材は下に敷くなど、1つの素材に絞らずそれぞれの特性を生かして使用するのがポイントです。季節や気分に合わせて布ナプキンを変えれば気分も上がりますよね。

色で選ぶ!

布ナプキンの中には、吸収面に色やプリントがあるタイプと、外側のショーツに当てる面に色やプリントがあるタイプがあります。裏表を間違えないように気をつけましょう。

外側にプリントがあるタイプは、使用しているときには模様が見えませんが、お洗濯をする時に楽しいし、吸収量ごとに違うプリントのものを使えば、目印にもなりますね。

内側の吸収面に色柄がある場合は、草木染などの天然素材を使った染めが安心でしょう。ナチュラルな色や風合いも楽しめます。

裏表どたらの面でもいえることですが、茶色や赤色などの濃いカラーだとシミが目立ちにくいという利点はありますが、逆にきちんとヨゴレが落ちているか分かりにくいとも言えます。白色や薄ピンクなど淡いカラーだとシミがはっきり分かりますね。

布ナプキンのカラーはそれぞれメリット・デメリットがあり好き好きなので、下着のコーディネートと同じように自分の好きなカラーを選べばよいでしょう。

布ナプキン初心者のための選び方のポイント

布ナプキンの選び方を、「形」「素材」「色」ごとで紹介してきましたが、他にも選び方のポイントはたくさんあります。安心して布ナプキンを使えるように、初心者でも分かる選び方のポイントを紹介します。

防水シートの有無に注目

まず、布ナプキンを選ぶ上で重要なのが防水性です。防水シートがあるのとないのとでは全く違います。防水シート入りだとモレにくいので安心です。ただし、石油製の防水シートを使っているとやや通気性が落ちるのでムレてしまうことがあります。防水シートがないほうが通気性は良いですが、経血の量が多いとモレてしまうかもしれません。布ナプキンの防水シートの有無を確認して、経血の量や使い心地の好みに合わせて変えるといいでしょう。

織物生地の布ナプキンを選ぶ

ニット生地は汚れが落ちにくいという欠点があります。布ナプキンに慣れないうちは洗濯も大変でしょう。織物生地、特にリネン素材は汚れが落ちやすいので初心者向きです。どうしてもニット生地の布ナプキンがいいということであれば、最初にリネン素材の布ナプキンで洗濯に慣れてから使うようにするといいでしょう。

羽根つきが安心

布ナプキンは紙ナプキンのように粘着テープで固定するタイプではないので、紙ナプキンよりもズレやすい傾向にあります。ズレないか心配ということであれば、羽根つきのスナップボタンで留めるタイプの布ナプキンであればズレやすさが軽減されるのでおすすめです。ただし、羽根つきでも羽が短いタイプだと横モレすることがあるので、その点も注意して選ぶようにしましょう。

このサイトでは、管理人が自分で使う布ナプキンを選ぶために調べた情報を公開しています。製品の仕様や価格、最新情報などについては、各ショップの公式ページをご確認ください。実験結果などの評価は個人的に調べた結果ですので、あらかじめご了承ください。

  • 吸収力で選んだおすすめの布ナプキン
  • モレにくさで選んだおすすめの布ナプキン
  • 肌への優しさで選んだおすすめの布ナプキン
  • お得度で選んだおすすめの布ナプキン
  • 柄の豊富さで選んだおすすめの布ナプキン