からだにやさしい はじめての布ナプキン入門

これさえ知っていれば安心! 布ナプキンの使い方と選び方

  • 布ナプキンってなに?
  • はじめての布ナプキンお試しセット比較ランキング
  • 布ナプキンが通販で買える販売店リスト

吸収力で選ぶ

このページでは、経血をしっかり吸収してくれる布ナプキンを選ぶために、実験を行って比較ランキングを作成しています。

9製品を実験した布ナプキンの吸収力を比較ランキング!

ナプキンを選ぶ際、大きなポイントとなるのが吸収力です。「女性の体にやさしい布ナプキンを使ってはみたいけれど、使い捨ての紙ナプキンのようにちゃんと吸収してくれるのか心配…」という人は多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは、なるべく実際に経血が出るときに近い環境を作って、購入した9種の布ナプキンと紙ナプキンの吸収力の違いを調べてみました。

まずは結果発表! 大差で吸収力1位になった布ナプキンはどれ?

比較してわかった吸収力の高い布ナプキンは、以下の4つの製品でした。

1位 LINTEN(多い日用 ダブルタイプLサイズ)吸収量20ml(23g)
1位 LINTEN(普通の日用 シングルタイプMサイズ)吸収量同上
LINTENトライアルセット
3位ジュランジェ
布ナプキンホルダーM+プレーンM 吸収量10ml(11.5g)
ジュランジェお試し完璧セット
3位キューズベリー
四角タイプ 小 吸収量10ml(11.5g)
キューズベリーお試しセット
 

どんな実験で吸収力を確かめたの?

  1. 女性の体の丸みに近いボールに、布ナプキンを装着したショーツを履かせます。
  2. 注射器型のスポイトを使って、濃い目のドロッとした野菜ジュースを、1点からゆっくり少しずつ注ぎます。
  3. ジュースがあふれてナプキンからこぼれたところで、吸収できた量を計測します。
  4. ※実際の使用時にも、ナプキンの表面に白いところが残っていても吸収しきれずにこぼれてしまうことがあるのを考慮し、ジュースがこぼれた時点で実験終了としました。

布ナプキン7ブランド+紙ナプキン1種:吸水力実験レポート

では、各製品について、実験の様子をお見せします。

目で確かめる紙ナプキンと布ナプキンの違い ケミカルナプキンの吸収力実験

最初に、一般的な紙ナプキン(ケミカルナプキン)の場合。長さ23cm羽根付タイプの普通の日~多い日の昼用ナプキンを使って実験です。

吸収力実験:布が濡れると分かりやすい杢グレイのショーツ(もちろん未使用)に紙ナプキンを装着して、女性の体の曲線に近いボールに履かせて、吸収面に密着させた注射器型のスポイトから、野菜ジュースをゆっくりゆっくり垂らしていきます。

布が濡れると分かりやすい杢グレイのショーツ(もちろん未使用)に紙ナプキンを装着して、女性の体の曲線に近いボールに履かせて、吸収面に密着させた注射器型のスポイトから、野菜ジュースをゆっくりゆっくり垂らしていきます。

吸収力実験:ケミカル名吸収体が使われている紙ナプキンは吸収力が早く、20ml(23g)の野菜ジュースを余裕で吸収しきりました。

20ml(23g)を余裕で吸収しきりました。吸収の速度も早く、注いだらすぐに一点からしみ込み、中で広がります。ちょっと生々しいですが、ボールから脱がせたところはこんな感じ。さすがにケミカルな吸収体が使われている紙ナプキンの吸収力はすごいです。

断トツ1位!LINTENの多い日用 ダブルタイプLサイズの実験結果

同じく杢グレーのショーツに取り付けて、吸収面に押し当てた注射器型スポイトから、ゆっくりゆっくり野菜ジュースを注ぎ込みます。

吸水力実験:LINTENの多い日用布ナプキンをショーツに取り付けてボールに履かせ、吸収面に押し当てた注射器型スポイトから、ゆっくりゆっくり野菜ジュースを注ぎ込みます。

吸収力実験:LINTENの多い日用布ナプキンは、20ml(23g)のスポイト1本分の野菜ジュースを、しっかり吸収しきりました。

LINTENの布ナプキンは、20ml(23g)のスポイト1本分の野菜ジュースを、しっかり吸収しきりました。ナプキンの形もフィット感が良いので、こぼれずに吸収されるようです。女性の経血量は、多い日で1日30gくらいと言われていますので、人によっては外出先でナプキンを取り替えずに済むかもしれません。

吸収力実験:LINTENの多い日用布ナプキンが20mlの野菜ジュースを吸収した後の表面の様子

ジュースを吸収した後の表面はこんな感じ。ジュースが吸収される前に、少し表面を流れて動いた跡がありますが、肌に当たる面が細かくて柔らかいジャージー素材のためか、吸収が他の布ナプキンより早いようです。

同点1位のLINTEN 普通の日用 シングルタイプMサイズ

吸収力実験:LINTENの普通の日用布ナプキンをショーツに装着してボールに履かせ、吸収面に押し当てた注射器型スポイトから、ゆっくりゆっくり野菜ジュースを注ぎ込みます。

吸収力実験:LINTENの普通の日用布ナプキンは20ml(23g)の野菜ジュースを吸収しましたが、羽根の部分から少しモレがありました。

こちらも20ml(23g)のスポイト1本分を吸収しましたが、「普通の日用」の許容量を超えてしまったのか、後で羽根の部分から少しにじみ出してしまいました。

それでも「普通の日用」なのに他メーカーの「多い日用」よりも吸収力が高いのには驚きですね。

吸収力実験:LINTENの普通の日用布ナプキンが野菜ジュース20mlを吸収したあとの表面の様子

しみ込んだあとは、内側で全体にジュースが広がっていました。

同点3位 ジュランジェ(布ナプキンホルダーM+プレーンM)

羽根付きのホルダーに、ハンカチのような四角い布を取り付けて使うタイプです。装着する前はもこもこした印象でしたが、実際に取り付けると、意外に曲線に沿って密着してくれます。

吸収力実験:ジュランジェのホルダータイプナプキンをショーツに装着し、吸収面に野菜ジュースをゆっくり注ぎ込みます。

10ml(11.5g)注いだところでホルダーの羽根部分にジュースがにじみ出てきました。

吸収力実験:ジュランジェのホルダータイプ布ナプキンは10ml(11.5g)吸収したところで、羽根部分からモレがありました。

肌に当たる面を見ると、ジュースが吸収される前に、かなりサイドに流れています。このプレーンタイプは、汚れた表面をたたみ変えてもう一度使えるというものですが、10ml吸収してしまうと、裏にもジュースがしみ込んでしまっていたので、たたみ直して使うことはできませんでした。ホルダーも汚れてしまうので、ホルダーごと付け替えになってしまいます。

なお、ジュランジェの一体型タイプの吸収量は、半分の5ml(5.75g)でした。

同点3位 キューズベリー(四角タイプ 小)

四角タイプ小は、ハンカチのような四角い布に装着用の羽根が付いた形です。厚手のしっかりした布なのですが、2位のジュランジェに比べると体の曲線から浮いてデコボコする印象です。

吸収力実験:キューズベリーの四角タイプ布ナプキンをショーツに装着しボールに履かせて、注射器型のスポイトを使って野菜ジュースを吸収面にゆっくり注ぎます。

 吸収力実験:キューズベリーの四角タイプ布ナプキンは野菜ジュースを10ml(11.5g)吸収したところでモレました。

吸収量も計測上はジュランジェと同じく10ml(11.5g)なのですが、吸収速度が遅いのか、ジュースが布の表面を大きく流れてしまった跡が目立ちます。

全実験結果のまとめ

上位3製品だけでなく、実験した全9製品の吸収量を一覧表にまとめました。自分に合う布ナプキンを選ぶご参考にしてください。

順位 メーカー 製品名 吸収量
1位 LINTEN 多い日用 ダブルタイプLサイズ 20ml(23g)
1位 LINTEN 普通の日用 シングルタイプMサイズ 20ml(23g)
3位 ジュランジェ 布ナプキンホルダーM+プレーンM 10ml(11.5g)
3位 キューズベリー 四角タイプ小 10ml(11.5g)
5位 ジュランジェ 布ナプキン一体型M 5ml(5.75g)
5位 サニーデイズ 普段の日用のひし形プチ 5ml(5.75g)
7位 レメディガーデン 防水ホルダー+パッド 4ml(4.6g)
7位 Kotori works ホルダー+4層換えナプキン 4ml(4.6g)
9位 メイド・イン・アース ポケット付き布ナプキン昼用レギュラー+替えパッド 3ml(3.45g)
番外 Elis
(紙ナプキン代表)
Megami(23cm羽つき超スリム) 20ml(23g)
余力あり

このサイトでは、管理人が自分で使う布ナプキンを選ぶために調べた情報を公開しています。製品の仕様や価格、最新情報などについては、各ショップの公式ページをご確認ください。実験結果などの評価は個人的に調べた結果ですので、あらかじめご了承ください。

  • 吸収力で選んだおすすめの布ナプキン
  • モレにくさで選んだおすすめの布ナプキン
  • 肌への優しさで選んだおすすめの布ナプキン
  • お得度で選んだおすすめの布ナプキン
  • 柄の豊富さで選んだおすすめの布ナプキン